スキナコトワークス

まじめにふざけて ほんきであそぶ そういうものに わたしはなりたい

証券口座の開設から躓いた②~「特定口座」と「一般口座」~

前回に引き続き、証券口座を開設する際に躓いた話です。

今回は「特定口座」「一般口座」についてです。

証券口座を開設するにあたって、どんな口座を開設するか種類を選ぶことができます。

SBI証券では「特定口座(源泉徴収あり)」「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」3つから選ぶようになっていました。

さて…どの口座を選ぶべきか…。

これについても、申し込みが途中のまま確認してみました。

詳しい内容はSBI証券のサイトの「サービス案内」の中の「特定口座」に説明が記載されているので見てみてください。

そもそも、「特定口座」とはなんぞやってところですが、簡単に納税申告を行うことができるようにすることを目的として作られた「特定口座制度」というもののようです。

確定申告を行うためには譲渡損益等を計算して「計算明細書」というものを自分で作る必要があるんですが、これがなかなか複雑なようです。

「一般口座」ではこれを自分で作成する必要がありますが、「特定口座」では証券会社が「年間取引報告書」というものを準備してくれるので、その部分の手間を省いてくれます。

要は簡単に確定申告をできるようにしてくれるということですね。

源泉徴収あり/なし」についてですが、これは確定申告が必要かそうではないかという点で変わってくるようです。

源泉徴収あり」の場合は、金融機関が譲渡損益に応じて、都度税金分の差し引きを自動で行ってくれます

そのため、確定申告を行う必要がありません

また、確定申告をしないので利益を上げても扶養から外れることがないため、扶養内の人にとっては大きなメリットといえますね。

ただ、一点注意しなければいけないのが譲渡益が20万円以下の場合です。

実は譲渡益が20万円以下の場合、税金がかからないんですが、源泉徴収あり」だと、金融機関が都度、税金分を自動で差し引きするので、本来収める必要のない税金まで納めることになってしまいます。

譲渡益が20万円以下の場合は税金がかからないため確定申告が不要となりますので、運用額が少額な人や、配当利回り等売却益狙いではない人利益が出るか自信がない人源泉徴収票なしの方がいいかもしれません。

ということで、ポイントをまとめると…。

「特定口座(源泉徴収票あり)」

確定申告が不要「年間取引報告書」も証券会社が準備してくれる。確定申告をしないため、利益によって扶養から外れる心配がない

しかし、税金がかからない譲渡益が20万円以下の場合でも税金を納めてしまう

「特定口座(源泉徴収票なし)」

確定申告が必要「年間取引報告書」は証券会社が準備してくれる

譲渡益が20万円以下の場合は税金もかからず、確定申告も不要

「一般口座」

確定申告が必要で、それに必要な「計算明細書」等を自分で作成する必要がある

結局、どの口座にしたか…。

 取引自体も少額が見込まれることと、配当利回りによる収益をメインに考えているため収益が20万円以下になると見込んでいます。私の場合、どちらにしろ確定申告が必要ということもあり、「特定口座(源泉徴収なし)」を選択しました。

また、源泉徴収あり/なし」については変更が可能ということなので、今後状況に合わせて変更するのもありかもしれません。

 

今回の記事は以下のサイトを参考にさせていただきました。

特定口座と一般口座の違いや損をしない選び方などがわかりやすく紹介されていますので、ぜひ!

orekabu.jp