仮想通貨が気になってしょうがない

最近、ツイッターでざわついている仮想通貨が気になってしょうがありません。

仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、数年前にテレビのニュースで取り上げられていた時は全然興味がありませんでした

当時は学生でしたし、資産運用なんて考えたこともありませんでしたからね。

ここにきて、また仮想通貨の話題に触れる機会があって、とても気になってしまいました。

特に最近では仮想通貨の中でもリップルと呼ばれるアルトコインや、XPと呼ばれる草コイン(明確な使い方が決まってないとても安いコイン)が目に留まることが多く、買いたい気持ちがむずむずと高まっているところです。

仮想通貨についてはかなり投機的なものになりますが、銀行の利息よりはマシだと考えています。

仮想通貨もFXのように価格が変動するわけですが、なにせ天井がないので夢がすごいです。

2010年には1BTC当たり0.2円ほどだったビットコインは、現在では150万円になっています。7年で、750万倍です。

なんだそれ。

仮に7年前、1万円分のビットコインを買っていたら50,000BTCなので今の価格になおすと、750億円です。

もはや、計算間違ってるんじゃないかなってレベルです。

それで、今気になってる仮想通貨はリップルが1XRP当たり114円、XPが0.028円です。

どちらもまだ手が届く金額です。1万円分くらいなら、たとえ価値が0になっても残念だったな程度で済みますし、万が一価値が上がれば儲けものです。

XPで考えれば、1万円分買うと36万XP分くらい購入できる計算です。

ということは、XPが1円になったら36万円、10円になったら360万円、1000円になったら3億6千万円…。

もはや、若干持て余すレベルです。

ここまでならないにしても、試してみる価値…というか遊んでみる価値は大いにあると思います。

仮想通貨の取引所もCMをうってきていますし、仮想通貨も来年あたりにはかなり身近なものになっているかもしれませんね。