スキナコトワークス

まじめにふざけて ほんきであそぶ そういうものに わたしはなりたい

Coincheck(コインチェック)、顧客の資産「返せない恐れ」


www.nikkei.com

昨日の夜、会見があったコインチェックの不正送金騒動。

 

私もNEMとXRPを置きっぱなしでした。

残念ですが騒いでも返ってこないので、勉強代とでも思っておきます。

さすがに「今度からはちゃんとウォレットに移そうね!」って気持ちになりましたしw

 

1月は仮想通貨界隈、盛沢山でした。

仮想通貨の暴騰、暴落、韓国の取引所閉鎖騒動、さらに大手取引所のGOX。

我ながら、とんでもないタイミングで始めたもんです。

 

それだけこの時期はいろんな意味で加熱してたんでしょうね。

私以外にも新規参入者はかなりいたんじゃないかな。

 

この前の暴落に引き続き、Coincheckの不正送金騒動でさらに落ちてることから、古参からは「膿が出きった」「底堅くなった」なんて声も聞こえてきてますし、結果としてよかったのかな。

 

や、良かないかw

 

どちらにせよ、2014年のGOX事件の際もがっつり落ちて3年ほどで回復してるので、2020年あたりには回復を上回って伸びてるんじゃないかなんて希望的観測をもってます。

 

今回の不正送金騒動はあくまでもCoincheckのセキュリティ面の問題であって、仮想通貨の技術面についてはなんの問題ありませんでした。

ブロックチェーンの技術は疑いようもないですし、今後も伸びていくことは間違いないでしょう。

 

今回のニュースで世間的には「仮想通貨はやっぱり怪しい」という強う印象付けになってしまったことと、メディアからのネガキャンで相場的にはしばらく停滞するでしょうが、人の噂も75日、2か月もすれば徐々に回復してくるんじゃないかな。

 

今回のような技術的問題がない状態での暴落は本来の価値以下の相場になっているわけですから、買い場に見えて仕方がないんですよね。

需要がないと価値が上がらないという点でいえば、悪い印象が強いわけですからマイナスではありますがそれはいずれ払拭されるでしょう。

 

とりあえず、相場が回復する前に時間を見つけてZaifでNEM買おうかなって思ってます。

 

今度からは買ったらちゃんとウォレットに移しますw

 

皆さんも仮想通貨の取引所トラブルにはくれぐれもご注意を!

 

以上!