スキナコトワークス

まじめにふざけて ほんきであそぶ そういうものに わたしはなりたい

万年筆ですぐ描ける!『Simple Sketch』

ずっと気になってた本、『万年筆ですぐ描ける!Simple Sketch』買っちゃいました!

普段からちょっとした伝言なんかをメモで残すことが多いので、その横にちょこっとイラストを添えられたらいいなぁなんて思っての購入。

メッセージカードやラベルシール、ちょっとしたプレゼントなんかもおしゃれにアレンジできますしね。

仕組みからケアまで、万年筆初心者も安心!

この本はタイトルの通り万年筆を画材として使っています。

私も万年筆は持ってるんですが、実は手入れの仕方がよくわからなくてそのまんま……。
しばらく使わない間にインクが出なくなってしまって、さらにそのままという残念サイクルに陥ってました。

この本ではシンプルスケッチの描き方だけでなく、万年筆についてのページが設けられています。

これがすごくありがたい!

万年筆のケアについてはネットでも調べてみたけどよくわからず……。

この本では、万年筆のお手入れ方法はもちろん、万年筆の仕組みやペン先の種類、紙やインクの選び方なんかも分かりやすくまとまっています。

ペン先が違うだけで線の表情ってこんなに違うんだなぁとか、見てるだけで楽しいです。

万年筆の持ち方や書き方、注意点なんかも載っていて、万年筆初心者にも安心!

自分の使い方を振り返って、「あれ、ダメだったんだなぁ」なんてちょっと反省しました。

シンプルスケッチはおしゃれなだけじゃない!

シンプルスケッチの書き方のはじめに線や形の描き方が載っています。
この描き方の説明にも万年筆で描かれた絵が添えられててすごく分かりやすい!

なんでしょうね……余分なものがないからなのかな?

ごちゃごちゃしてなくて、大事な情報がスッと入ってくる感じです。

HOW TO本って、物によってはたくさん情報があってありがたいけど、どこを見ればいいかわからなかったり、「なんかすごいことはわかった!」みたいな結局自分に活かせず終わっちゃったりするものもあるんですが、この本は全くそんなことはありませんでした。

シンプルスケッチよろしく、内容もシンプルにわかりやすくまとめられていて、「ふむふむ、なるほど」と読み進められました。


【スポンサーリンク】



いざ、シンプルスケッチ!

シンプルスケッチでは身の回りのモチーフや文字だけでなく、飾り線やフレーム、テキスタイルなんかも載っています。

デザインのレイアウトなんかも載っているので、気に入ったモチーフや文字を使って、自由に描くことができます。

この他、応用編としてシンプルスケッチを使ったDIYも載っているので準備から作成までこの一冊でできちゃいます。

こういうのを参考にしてブログのヘッダー画像を作ったり、構成を考えたりするのもおもしろいなぁなんて妄想もはかどります。

日常にシンプルスケッチ

調味料のラベルや伝言メモ、カレンダーの予定欄に簡単に添えられるシンプルスケッチ。

それだけで、調味料はおしゃれに、伝言メモはかわいく、カレンダーは想像が膨らんでフフッと楽しくなります。

絵が苦手な人や字が苦手な人、デザインを考えるのが苦手な人でも気負いなく楽しくシンプルスケッチが描けちゃう一冊です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

万年筆ですぐ描ける!シンプルスケッチ [ 兎村彩野 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)