石橋、叩きすぎてない?叩くのはちょこっとで十分

f:id:ryo_009:20180307223106j:plain



石橋はガンガン叩く派ですか?
それとも、そんなに叩かないで渡っちゃう派?


私はもともとガンガン叩く派でした。


もうね、壊れるほど叩く。


それで、安全が確認できたら渡らないで帰る。


叩きすぎて疲れちゃうんですよね。


というか、途中から叩くことが目的になってて、叩き終わったら満足しちゃうの。


石橋を叩いて壊して帰る。


実際、こういうタイプの人って、結構いるんじゃないかなって思ってます。


「やりたいけど」と言いつつ、下調べめちゃくちゃしといて、「今は時間がないからゆっくりできるときに」みたいに、石橋を散々叩いておいて渡らない。


石橋涙目。


こういうのは、叩くのはそこそこにしといて、さっさと渡っちゃった方が、良い気付きがいっぱい獲られたりするんですよね。



やった方が何倍も早くわかることって、たくさんあります。


想像と経験って、それくらい差がある。


私の場合、FXとブログがそれでした。


とくにFXは、お金が絡む分かなり慎重になってた覚えがあります。


もちろん、ある程度の予備知識はあるに越したことはないけど、やってみた方が早かったのは確かです。


結局、経験する前の安全確認って、自分が想像できる範囲の問題点しか解決できないんですよね。


検索するにしても「FX 危ない」とか「FX 稼ぐ方法 」とか漠然とした調べ方しかできなかった。


実際にやってみると、具体的な問題点がわかってくるから、もっとダイレクトに問題を解決できるような調べ方ができるようになりました。


ブログも同じです。


始める前は「ブログ 書き方」とか「ブログ 稼ぐ方法」とかしか調べられないけど、実際に続けてみると記事の書き方にしたって「効果的な見出しの付け方」とか「内部リンクの貼り方」とか、より具体的な解決策を探すことができます。


とくにブログなんか、始めることによるデメリットなんかほとんどないんだから、考えるより始めちゃった方が問題点が明確になる上にブログの継続日数も増えて一石二鳥です。


考えてるだけじゃ、進捗は0みたいなもんですからね。


もうね、最悪石橋渡りながら叩けばいいと思う!


橋の入口を叩きまくったって、結局入口の状態しか把握できないですし。


橋を渡ってたら間違いなく入口では分からなかった問題にぶつかります。


その時に体力が残ってないと、渡りきれなくなっちゃいます。


石橋も叩かれ損。


石橋を最後まで渡りきるためにも、石橋はちょこっと叩いたらさっさと渡っちゃいましょう!


橋の上からの方が間違いなく見えるものも多いはずです。