良いこと発信で良い循環!みんなでモチベーション養分になろう

f:id:ryo_009:20180309223924j:plain



 

すごかった、本当。

バックしながら家の前の雪を上手に集めたりして、あれは完全に職人技だった。

 

こういう「ありがたい」とか「うれしい」と思った気持ちって、だいたい自分の中で思って終わっちゃうんですよね。

マンガ読んで「面白かった」とか、店員さんが道案内してくれて「親切だった」とか、ポジティブな気持ちってそれだけで満足できちゃう。

 

ただ、ブログ書き始めて気付いたんですが、リアクションしてもらえるのってすごく嬉しい。

「ふーん」くらいの感想だとしても、読んでくれただけですごく嬉しい!

 

自分でできる「モチベーションを高める方法」もあるけど、人からのリアクションの方がやっぱりモチベーションって上がります。

 

例えば、自分がどこかのお店の店員だったとして、お客さんに笑顔で挨拶した時に、お客さんから会釈だけでも返ってくると嬉しい。

お店のアンケートとかで、「笑顔で挨拶してもらえて気持ちよかったです」なんて書いてもらえたらもっと嬉しい!

 

アンケートって、良い点よりも悪い点を書きがちですが、何かを改善するにしても良い点を書くのってすごく有効だと思うんです。

 

例えば、「挨拶がない」とか「笑顔が足りない」っていうアンケートの回答があったとして、クレーム対応の一環として「笑顔で挨拶」って言われるのと、「笑顔で挨拶してもらえて気持ちよかったです」っていうお客さんの反応があったので「笑顔で挨拶」しましょうってなるのとでは、気持ちの上で全然違いまよね。

 

後者の方が断然モチベーションがあがります。

 

こういうのってなんにでも言えることで、ブログも同じだと思うんですよね。良いと感じたことはどんどん発信した方が良い循環が生まれる!

ブログを読んだ人が「良かったよ!」と言ってくれたらブログを書く人は「もっと頑張ろう!」ってモチベーションが上がるし、モチベーションが上がって良い記事を書いたら読む人にとってもプラスになります。

 

今はツイッターで簡単に自分から情報を発信することができるから、そこで「これ良かったよ!」と発信すると、「本当だ、これ良いね!」とどんどん広がっていくかもしれない。

 

そうなったらブログを書く人はもっと嬉しいし、「良かったよ!」っていう発信を受け取った人も、本当なら気付けなかったかもしれない情報にたどり着けて嬉しい。

 

もうね、みんな嬉しい!

 

みんな幸せ!

 

なんかちょっと宗教感出てきたので話し戻しますが......良いと感じたことを発信するだけで、その界隈にとても良い循環が生まれると感じてます。

 

「情けは人の為ならず」とはよく言ったもので、人への親切は巡り巡って自分のところへ返ってきて、必ず自分のためになります。

なにより、せっかくの良い情報を自分だけのものにしておくのはもったいないですからね。

 

 そして、思ったのです。

「私はみんなのモチベーション養分になろう」と。

 

ありがたいと思ったこと、勉強になる記事、グッとくる言葉 etc……良いと思ったものは自分で完結させないで、どんどん発信していこう。

 

そう心に決め、養分として土に還っていくのでした。