パート面接で使える「3つの長所の見つけ方」と「伝え方(例文有)」

f:id:ryo_009:20180530012707p:plain

 

 

f:id:ryo_009:20180530011518p:plain

私の長所って何だろう。短所は思いつくけど、これといって長所が思いつかないな…。

面接での伝え方とか、なにかコツみたいなものはないのかな?

 

この記事ではこんな内容をまとめています。

本記事の内容
  • 長所の見つけ方(3パターン)
  • 面接で長所と短所を上手に伝える方法(例文有)

 

私は前職で接客業をしていましたが、当時は現場で管理業務を任されていました。

管理業務の内容としては

  • 新人研修
  • スタッフの育成
  • スタッフの能力査定
  • 勤怠管理
  • 契約更新や面談
  • 面接等の採用業務
  • 備品管理などの雑務

 

この他、スタッフの能力査定の基準となる査定項目の作成なども行っています。

 

こうした経験から、今回は長所の見つけ方」「伝え方」についてまとめてみました。

 

 

 

 

 長所の見つけ方

「自分に長所なんて……。」と思われる方が結構いますが、短所がだれにでもあるように、長所も誰にでも必ずあるものです。

長所の見つけ方はいろいろありますが、今回は3つの方法をご紹介します。

 

自分で見つける(短所から長所を導き出す方法)

一つ目は自分で見つける方法です。まずは、自分の短所を考えてみましょう。

普段の生活や過去のことを振り返ってみてください。

 

どうでしょう、短所はありましたか?

 

長所と短所は表裏一体。短所があるということは、それは長所とも考えられます。

具体的な例を見てみましょう。

 

f:id:ryo_009:20180529100055p:plain

 

などなど……短所は言い換え方次第でいくらでも長所にすることができます。

長所短所というのは、ある資質がプラスに働いていれば長所、逆にマイナスに働いていれば短所となっている場合が非常に多いです。

 

例えば、「短所:優柔不断/長所:慎重派」はこのよう見ることができます。

 

f:id:ryo_009:20180529205548p:plain

このように、見方を少し変えるだけで短所は長所に変わります。

 

今は短所にしか感じられないものも、それは良いタイミングで力が発揮されていないだけという場合も多いです。

 

自分の短所を見つけたら、それを短所と思わず資質と考えましょう。

その資質を良いタイミングで発揮できる想像ができれば、それは間違いなく長所になります。

  

誰かに聞く(家族や友人に質問してみる)

とてもシンプルですが、意外な答えが返ってくることもある良い方法です。

友達でもいいですし、もちろん家族でも構いません。

思い切って「私の良いところって、どんなところ?」と聞いてみましょう。

 

自分では当たり前に感じていたことでも、人にとっては「すごいな」と感じるようなことも少なくありません。

まわりに答えてくれそうな人がいるなら、ぜひ一度試してみてください。

自分では気づかなかった長所が見つかるかもしれません。

 

診断で見つける(診断を使って客観的に強みを見つける)

「自分の考えには自信がない。だけど、人に聞くのもちょっと……。」という場合は、診断で自分の強みを見つけるのも一つの方法です。

 

たくさんの質問の答えから導き出される結果には、かなりの信頼性があります。

今回は2つの診断をご紹介します。

 

ストレングス・ファインダー 

強みを見つける診断の一つとしては「ストレングス・ファインダー」があります。

ストレングス・ファインダーは書籍に付属しているアクセスコードを使って、全177問の質問(所要時間:20~30分)に答えることで、自分の資質(才能)がわかるWeb診断です。

全部で34に分類された資質のうち、自分の資質(才能)の上位5つを知ることができます。

 

私も実際に受けていますが、結果は以下のようなものでした。

ストレングス・ファインダーの診断結果(上位5つの資質)
  • 着想
  • 最上志向
  • 目標志向
  • ポジティブ
  • 個別化

着想

着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。 

最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。 

目標志向

目標志向という資質を持つ人は、目標を定め、その目標にに向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、そのとおりに行動します。 

ポジティブ

ポジティブという資質を持つ人は、情熱的であり、しかも自然にその熱意を人に分け与えることができます。生き生きとしており、他人に活気を吹き込み、やる気を起こさせることができます。 

個別化

個別化という資質を持つ人は、一人一人が持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。 

 

この診断の良いところは、自分では強みだと感じていなかった部分が、資質(才能)として「見える化」されるところです。

この診断を受けるまで、5つ目の資質(才能)である「個別化」については、特に強みだと感じていませんでした。

むしろ、周りが「同じ」と考えるものであっても、私には別々のものに感じることが多く、短所と感じることもあったくらいです。

ですが、ストレングス・ファインダーの結果から、「個別化」の資質(才能)は「鋭い観察力」という点では非常に優れているということがわかりました。

 

実際の診断結果では、上の引用よりも詳しい上位5つの資質(才能)の説明の他、「自分だけの特徴的な資質」「強みの理解レポート」「強みの洞察とアクション計画作成のためのガイド」などのレポートを確認することができます。

 

「自分の強みがわからない」「人に聞くのもちょっと…」という人には、おススメです。

 

グッドポイント診断

もう一つはリクナビNEXTで実施している「グッドポイント診断」です。

18種類に分類された強みのうち、5つの強みを診断することができます。

こちらもストレングス・ファインダーと同様、30分ほどの時間がかかりますが、リクナビNEXTに会員登録をすることで無料で実施することができます。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみる

 

 私の結果は以下のようなものです。

グッドポイント診断の診断結果
  • 悠然
  • 現実思考
  • 親密性
  • 冷静沈着
  • 柔軟性

 

こちらもかなり納得度の高い結果でした。

悠然
あなたは常にゆったりと構え、じっくりと考えたり取り組んだりすることができます。長い目でものごとをとらえ、あせらず気長に進めることが得意であり、目先の小さなことに気を取られて考えが変わるようなことはありません。特に将来のことを考えるうえで、あなたの長期的な視点から生まれる発言や提案はとても参考になるでしょう。
また、悠然とした態度には、周囲の人を落ち着かせ、「改めて考えてみよう・焦って決断してはいけない」と考えさせる効果があります。あなたの精神的なゆとりが、周りの人を落ち着かせるのです。

引用:グッドポイント診断

現実思考
あなたは、等身大の自分を軸にして、現実的にものごとを考えることができます。また、実際にものごとに取り組む際は、成果のみでなく、そこにいたるまでの努力の過程も大切にしています。夢物語にはあまり興味がなく、実際的なものこそ価値があると考えています。あなたにとって重要なのは、「今この時」であり、「現実」なのです。
あなたは常に具体的で現実的な提案を行い、実現可能な目標を定め、真摯に努力します。周りからは「地に足がついている」と表現され、その堅実性・実現可能性を評価されることが多いでしょう。

引用:グッドポイント診断

親密性
あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません。
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。

引用:グッドポイント診断

冷静沈着
あなたはいつも気持ちが安定しています。周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ、そんな余裕もあるでしょう。
自分の感情を一定の状態に保つことができる人は多くないため、集団の中であなたの落ち着いた態度は際立ちます。周りの人は、あなたと過ごす時間が長くなるほど、常にものごとを冷静にとらえることができるあなたの発言や判断を信頼するようになっていきます。中には、あなたのそばにいると自分も穏やかでいられると感じる人もいるでしょう。

引用:グッドポイント診断

柔軟性
あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。
結果を出し続けていることが知れ渡るにつれて、周囲の人は改善したいことがある場合、あなたの視点やアイディアを求めるようになります。

引用:グッドポイント診断

 

ストレングス・ファインダーと似たような結果の部分もあり、無料ですがかなりしっかりとした診断を受けることができます。

特に「柔軟性」なんかは、ストレングス・ファインダーの結果の「着想」と「個別化」を足したような内容になっています。

 

長所としても伝えやすいようなまとまり方をしていて、自分の具体的なエピソードを少し加えるだけでも充分な内容になっています。

ストレングス・ファインダーは、かなり信頼性の高い診断ですが、診断だけを受けたい人にとっては書籍が無駄になりますし、購入の手間もかかります。

「わざわざ、書籍を買うほどでも…。」という場合は、試しにこちらを受けてみるのがおすすめです。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」をやってみる

 

面接で長所と短所を上手に伝える方法(例文有)

長所と短所をスムーズに伝える構成として、2パターンご紹介します。

 

長所と短所をスムーズに伝える構成:パターン①
  • 長所
  • 長所のエピソード
  • 長所の活かし方
  • 短所
  • 短所のカバーの仕方

はじめに「長所」を伝え、続いてその「長所がわかる具体的なエピソード」を伝えます。エピソードを伝えることで、長所の信ぴょう性が高まります。

そして、「長所を仕事にどう活かすか」も合わせて伝えられるといいでしょう。

続いて、「短所」を伝え、その「短所をどのようにカバーするか」も合わせて伝えましょう。

 

【例文】(長所:慎重/短所:時間がかかる)

(長所)私の長所は物事を慎重に進めることができるところです。

(エピソード)仕事で〇〇を作成した際に、あらゆる状況を仮定して慎重に作業を進めた結果、取引先より信頼のできる仕事ぶりという評価をいただきました。

(活かし方)資料の作成や物品の点検など、一つ一つの作業を慎重に進めることで、問題を未然に防ぎ、信頼の得られる結果につなげます。

(短所)その一方で、作業に時間をかけ過ぎてしまう場合があるので

(カバーの仕方) 状況に応じて臨機応変に対応できるように心掛けます。

 

長所と短所をスムーズに伝える構成:パターン②
  • 長所
  • 短所
  • 短所のカバーの仕方

 

面接先にもよりますが、パートやアルバイトの面接であればパターン②で充分です。

というのも、パートやアルバイトの面接の場合、「どれだけやる気があるか」ということよりも「どれだけ長く働いてもらえるか」を重要視しているところが多いためです。

長所や短所の内容よりも、その人の雰囲気や物事を伝える力がどれだけあるかというところを見ている場合も少なくないので、それほど内容を充実させる必要はありません。

 

ここでは、長所と短所をスムーズに伝える構成:パターン②の例文を長所別でいくつかご紹介します。 

 

慎重派

【例文】

私の長所は物事を慎重に進めることができるところです。

ですが、慎重になりすぎて物事に時間をかけ過ぎてしまうことがあるため、考えることばかりに集中しないよう状況に合わせた判断を心掛けています。

 

社交的

 【例文】

私の長所は社交的なところです。

ですが、距離の近さから図々しさを感じさせてしまうこともあるので、礼儀やマナーには人一倍気を付けています。

 

協調性がある

【例文】

私の長所は協調性があるところです。

その一方で、周りの意見に流されやすいところがあるので、常に自分の考えをしっかりと振り返るよう気を付けています。

 

意志が強い

【例文】

私の長所は意志が強いところです。

その一方で、自分の考えにこだわりすぎてしまう場合があるので、周りの意見にしっかりと耳を傾けられるよう心掛けています。

 

面倒見が良い

【例文】

私の長所は面倒見が良いところです。

ですが、声をかけすぎておせっかいと感じさせてしまうことがあるため、自分本位にならないよう気を付けています。

 

もしも、長所にあったエピソードがあれば用意しておくとより安心です。

パートやアルバイトの面接で長所短所の内容にそれほどこだわらないにしても、純粋に気になって質問をしてくる場合もゼロではありません。

はじめに伝える必要はありませんが、あらかじめ準備しておくと、もしもの時に焦らずに伝えることができます。

 

まとめ

自分の長所は、自分にとって当たり前すぎて見えない場合が少なくありません。

短所があれば、そこには必ず長所があります。

 

「自分の長所が見つからない」という方は、今回ご紹介した3つの方法の中で「自分に合う」と感じたものをぜひ試してみてください。