ちゃちゃこさん運営の有料サロン「クソババアサロン」に入った感想まとめ

f:id:ryo_009:20180731001133p:plain

 

こんにちは、りょう(@ryo_ksw)です。

7月は思い切って有料サロンに入ってみました。

時間をとるのが難しいため、結果として1か月でやめてしまいましたが、とても良い経験をすることができました。

 

今回は、ちゃちゃこさん(@shinkontosa )が運営する「クソババアサロン」に入って感じたことなどについてまとめました。

 

 

 

「クソババアサロン」に入った理由

前々からサロンというものに対して、「どんなものなんだろう」という興味がありました。

ただ、作業時間がそんなに設けられるわけでもないので、「ゴリゴリの作業系サロンだったら詰むな」と思ってひっそりしていました。

 

そんな時に見かけたのが「正直くそクソババアの夫婦ブログ を運営されているちゃちゃこさん(@shinkontosa )が立ち上げた、その名も「クソババアサロン」

 

はじめに見た時は「すごい名前だな、これ」という気持ちでいっぱいでした。

 

詳細はこちら

tyunsuke-fufu.com

 

正直、ケチっぽい性分の私にとって「有料サロンに入る」ということは、かなりハードルが高いことでした。

 

ただ、この時なんとなくモチベーションが下がってきていたというか、「何かしなければいけないけど何をしたらいいかわからない」的な迷子脳になっていて、新しいことに挑戦したいという気持ちが強かったのを覚えています。

 

とはいえ、冒頭でも書いたようにゴリゴリ作業系サロンだと完全に詰むと思っていた時に見つけたのが、この「クソババアサロン」でした。

 

このサロンにはとにかく安心感がありました。

「クソババアサロン」の詳細発表にも書いてありますが、

このクソババアサロンでやりたいことは「母ちゃんたちが素の自分を出せる場所をつくりたい」ということの1点です。

引用:日本一自由な「クソババアサロン」を目指します!詳細発表!

 

こうやって、「母ちゃんたちの場所」というように属性が絞られていることの安心感は絶大です。

 

それから、サロンの雰囲気がゴリゴリの作業系ではなく「いいねいいね!やってみなよ!」的な雰囲気なんだろうなというのが、ちゃちゃこさんの記事からも溢れ出ていました。

tyunsuke-fufu.com

 

こちらはちゃちゃこさんが「クソババアサロン」を立ち上げる前に作ったLINEグループですについての紹介記事です。

 

なんかもう、各自勝手に楽しそうだし、自由にもほどがある!

 

自分を活かそうとしている人たちってこんなに魅力的なんだなと素直に思いました。

 

この2つの記事を何度も繰り返し読んで、さんざん悩んだ挙句「こんだけ悩んでるってことは入りたいってことだろ」という感じで、半ば勢いの力も借りつつサロンに入ることを決めました。

 

実際に入ってみた感想

実際に入ってみた感想ですが、控えめに言ってめちゃくちゃ良かった。

 

一人ではきっとやらなかったことや、考えなかったことをこの1か月の間に達成することができました。

 

サロン内ではどんなことをしているかというと、作業報告をしあったり、ブログ運営についての有益な情報を共有したり、個別の特技についてマネタイズ方法を話し合ったりしています。

 

いや…んー、難しいですね。嘘ではないんですが、こう書くと語弊がある印象です。

 

楽しいわっちゃわちゃの中で、それぞれ自分の強みに気づいたり、「え、それすごいよ!」と他のメンバーが特技に気が付いてくれたり、誰もやったことないことでも「やってみる!」と声があがったり、とにかくめちゃくちゃ空気が良かったです。

 

なんせ、メンバーがみんな「母」だからなのか、愛に溢れてる!

 

「こうするべき」とか「そのやり方は間違い」とか、そうした押しつけは一切ありません。

みんながみんな、それぞれに良い影響を与えながら自発的に動き回っているという感じが印象的でした。

 

私は日中の間、ほとんど参加できないのでほぼROM専状態でしたが、それぞれに動き回っているメンバーの方々を見ているだけで、とても良い刺激になりました。

  

「クソババアサロン」に入ってできたこと

実際に「クソババアサロン」に入ってできたことは次の7つです。

  • 有料noteを出した
  • キーワードプランナーを使った記事の作成
  • 苦手だったレビュー記事の作成
  • ブログとの向き合い方を改めて考えることができた
  • ツイッターでの企画を考えるようになった
  • サロンなどの運営について考えるようになった
  • 来年、起業するという明確な目標を立てた

 

たった1か月でここまで何かできるようになったり、意識していなかったことを考えられるようになったのは、今の私にとってはものすごい進歩です。

 

育児の合間にブログ書くのって時間を捻出するだけで結構大変だったりします。

だから、家事・育児する⇒ブログ書くために時間作る⇒時間できたらブログ書く⇒家事・育児する⇒…みたいに、自分の手持ちだけで頭がいっぱいになりがちでした。

 

今回「クソババアサロン」に参加したことで、他のメンバーが新しいことに挑戦したり、何かで結果を出したり、悩んだりしているところを見ることで、ものすごく刺激になり「自分も考えてみよう」「やってみよう」と自分の行動に変化を付けることができるようになりました。

 

サロン参加前、自発的に行動していたつもりが、いつの間にか家事・育児とブログに縛られてたんだなというのが振返ってみた感想です。

「クソババアサロン」に入ったことで、そうした考えから抜け出して、本当に大事にしたいことを思い出せたのはとても大きな収穫でした。

  

 

  

どんどんにっこにこなお母さんが増えてほしい

「クソババアサロン」って、本当に自由なんですよね。

自由で優しい。そんでもって、かっこいい。

 

育児って、本当に我慢の連続です。

我慢を我慢と思っちゃいけない節さえあります。

  

だけど、本当はそんなことないということをたくさんのお母さんに感じてほしいです。

tyunsuke-fufu.com

 

私が運営している「クソババアサロン」では「好きなことをしながら育児もする母親!我慢しない母親!」が増えればいいなと思って活動しています。

引用:「クソババア2.0=新しい母親像」をつくりたい

 

私のブログの最終的な目的の一つはライフスタイルの提案だったりします。

「投資とブログ運営で自由な時間を作って、大切な家族との時間を楽しく過ごす」

一人でも多くのお母さんが自分に正直な生き方ができるようになる、そんな世の中がくればいろんなことがいい方向に向かっていくと思ってます。

 

お母さんがにっこにこな家は、だいたい家族もにっこにこです。

 

自分に正直になる、やりたいことをどんどんやる、家族のためを理由にやりたいことを諦めない。

「クソババアサロン」はそんな自分になれる方法の一つなんじゃないかと思います。

 

今回、「クソババアサロン」に1か月という短い期間の参加ではありましたが、とても良い経験をすることができました。

「クソババアサロン」を立ち上げてくれたちゃちゃこさん、クソババアのメンバーの皆様にこの場を借りて、感謝申し上げます。

 

ありがとうございました!