スキナコトワークス

子育て時々FX

【豪ドル円検証:2019/4/15~19】今年はじめての80突入!

f:id:ryo_009:20190414222027j:image

 

スマホでの更新に味をしめた。

こんにちは。りょう(@ryo_ksw)です。

 

先週検証した豪ドル円の内容の復習と今週の予想です。

 

先週のAUD/JPY復習

先週(4/8~4/12)の私の予想はこんな感じでした。

  • 77.448~79.836の間で動く
  • 週明け、押し目作りに79付近まで下落
  • 79.836を上抜ける場合は80.493、81.146を視野に
  • 米中貿易交渉と中国指標に注意

 

結果はというと… 

f:id:ryo_009:20190413171901j:image

 

8日(月)、一時79を割って78.952まで下落し、押し目を作りました。

 

9日(火)は、米中貿易交渉合意への期待感継続で79.615まで上昇。
その後、IMFの世界成長見通し引き下げの影響か、一時79.139まで落としました。

 

10日(水)、一時79付近まで下げましたが、デベルRBA副総裁「労働市場は驚くほど堅調」等の発言もあり79.553まで上昇。

その後、79.211まで戻すも、再び79.6まで上昇しました。

 

11日(木)は、高値圏をキープした動き。

 

12日(金)は、中国の3月貿易収支の好結果を受けて上昇、今年初の80台に突入。

80.487まで上昇しました。

 

ということで、先週の予想は良い感じでした!

「週明け、押し目作りに79付近まで下落」

「79.836を上抜ける場合は80.493視野に」

あたり、なかなか良い予想だったんじゃないでしょうか。

 

今週のAUD/JPY予想

こちら日足。

f:id:ryo_009:20190413175002j:image

元気いっぱい、上昇トレンド。

今週も引き続き、水平線をたよりにしていきます。

 

今週の気になる指標は以下の通り。

・16日(火)豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
・17日(水)中国1-3月期四半期国内総生産(GDP) 前期比等
・18日(木)豪3月新規雇用者数、失業率

 

米中貿易交渉の方も気になるところなので、月曜日は様子見ムードで方向感なくうろうろ。

動き出すのは火曜日からじゃないかと思ってます。

 

指標の結果によるところが一番大きいかとは思いますが、基本は上目線。

 

注意していきたいラインは水平線からf:id:ryo_009:20190414215218j:image

・80.750

・81.276

・82.512

・83.262

 

こちら月足。f:id:ryo_009:20190414222438j:image

これで引いているラインから、上限は83.472でみています。

 

やっとこ80を上抜けたので、指標が悪くない限り、80はなかなか底堅いんじゃないかとみています。

ここを下抜けるようであれば、79.640あたりで見ておきたいと思います。

 

こちら一時間足。f:id:ryo_009:20190414220438j:image

15日(月)は特に指標もないので、80~80.25たりまで落としつつ、その辺をうろうろするんじゃないかなー。

 

って感じー!

 

まとめると

  • 79.64~83.472の間で動く
  • 週明け、様子見でうろうろしつつ80付近まで下落
  • 79.64を下抜ける場合は79、78.388を視野に
  • 米中貿易交渉の報道と指標に注意

 

今回はできたてほやほやな上昇トレンドということで、上は広めに見積もりました。

ただ、指標がマイナス材料になるようであれば、再び下落トレンドになる可能性もあるので注意していきたいです。

 

また、米中貿易交渉の報道も、ちょいちょい流れてくるので、ここも注意しておきたいところですね。

 

以上、今週もがんばるぞー!